新月占い)セレンのHAPPY月暦 2021年9月

新月期間に開運アクションを取り入れることで、どの星座の人でも、強く前向きな運の流れにのりやすくなります。

毎月の新月・満月に、毒を洗い流し、自分を思い切り癒してみませんか?

2021年9月7日のみんなの「新月アクション」 

9月6日朝から8日19時前までは、乙女座新月の影響が強い期間です。

長引くコロナ禍ですが、感染症対策やワクチン接種への考え方の違いなどが、家族、恋人、同僚、友達の間で浮き彫りになりやすい時期です。乙女座は、学級委員長のようなイメージのある星座で、「清潔」「清浄」を最も好みます。やや神経質な面もあります。今回の新月で、今一度、あなたの大切な人と、コロナ対策について話しあってみたりするのも良いでしょう。家族であっても、それぞれは個人の集まり。自分のスタイルを、相手や子供などに押し付けすぎないようにしたいものです。

と同時に、あなた自身が心地よくいられるように、感染症対策の意識が近い人や空間を主体的に選んでいくことも大切。例えば、ランチをするときに、対策をしっかりしている店舗を選んで一人で食べるのか、マスクや手指消毒はするけれど、誰かを誘って会話もしながら食べるのか。仮に、一人ランチを選んで、友達や同僚と一時的に疎遠になっても、それはあなたが自分の中の「規律」に従っただけ。かえってストレスがたまらず、心の中に清々しい風が吹くことでしょう。

土と緑に触れ、腸活に精を出す

麦の穂をもつ乙女の形を象った乙女座は、ギリシア神話に登場する女神デメテルの姿とされてきました。デメテルは、穀物と大地の女神。彼女の恵みがあってこそ、花は咲き、穂は実るのです。乙女座の新月では、このデメテルの力を借りましょう。庭がある人はガーデニングをしたり、フラワーショップに立ち寄って花や苗を買ってみたり。生花だけでなく、ハーブを使ったオイルやソルト、泥付きの野菜などからも、生きる力をもらえます。SNS時代では、油断するとすぐ情報過多になり、生身の感覚が鈍りがち。植物や土の匂いで、五感を研ぎ澄ませましょう。

西洋占星術では、乙女座は人体の中で「腸」を司る星座です。ウイルスや菌を体内から排除してくれる免疫細胞。その約70%が腸に集まっていることを知っていますか? 腸内環境を整えることが、免疫力をアップさせる近道なのです。雑誌やネットで、様々な「腸活」が紹介されていますが、今回の新月は「不溶性食物繊維」に着目を。具体的には、根菜、いも、豆、穀物(玄米、大麦、もち麦など)など。腸内の水分を吸収して膨らみ、便の「かさ」増しをして、排便を促す効果が。ただし、普段から便秘がちな人は、海藻やキノコ、果物、野菜などの「水溶性食物繊維」も一緒にとると良いでしょう。

特に土の星座生まれ(牡牛座・乙女座・山羊座)の人は、影響が強く出ることもあるでしょう。

★新月の癒しアクション★

これらのアクションを取り入れると、月の力をもらえます

・いつも以上に、感染症対策を心がける

・新しいマスクや消毒液、空気清浄機の購入を検討

・オーガニック素材の肌着を検索

・フラワーショップに立ち寄る

・泥付き野菜や減農薬野菜を買う

・玄米、麦、きのこ、豆を使ったレシピに挑戦

・庭やベランダの雑草とり、枝の伐採

●セレンぺシェ/幼少期より祖母の影響で、西洋占星術や魔女の作法、ハーブを研究。月占いや英国の妖精にまつわる本の出版に携わる。

イラスト/飯島都陽子

◯50代からを、真面目に元気に生きる人を応援

◯何歳からでも、自分や親の老後に不安がある人に

雑誌『ゆうゆう』をチェック!http://youyou.shufunotomo.co.jp