新緑が美しい季節になりました!

風薫る5月がやってきました。

いつも「ゆうゆう」を読んでいただき、ありがとうございます。

そしてホームページにお越しくださり、重ねてお礼を申し上げます。

編集長の古戸です

 

生きるとは、知らないことと巡りあうこと。とは、

ゆうゆう5月号の人生相談特集の中で吉武輝子さんの言葉ですが、

「字手紙」教室、「らくらくパソコン」教室、

そして、ヘアチェンジサロンイベントと、

この4月は、編集部にとっても、読者のみなさまにとっても、

新しい体験が目白押しでした。

いくつになっても初体験はドキドキするものですが、

なんとか無事に終了し、たくさんの読者のキラキラした笑顔に出会うことができました。

みなさま、お忙しい中、お運びいただきまして、ありがとうございました。

(たくさんの方にご応募いただきました。今回、ご参加いただけなかった方、

ぜひ、次の機会にご応募くださいね)

詳しいご報告は7月号に掲載しますので、お楽しみに。

 

そんなこんなで、ようやく一息ついて、あたりを見回すと、

美しい緑がここかしこにあふれていました。

ゆうゆう・5月ホームページ用 021

ゆうゆう・5月ホームページ用 018

 

 

 

 

 

 

若葉って、ほんとうにきれいですね。陽射しが透けて見えます。先月ご紹介した、

編集部から歩いて30秒の桜の大木。こちらも見事に変身!緑一色に変わっていました。

見ているだけで、心も体もスーッと軽くなって、リフレッシュする気がします。

 

 

 

 

 そして、舞台は移って、こちらは、つい数日前、さよなら公演が千秋楽を迎え、

歌舞伎座です。つい、お名残惜しくて、客席からも写真を撮ってしまいました。

先月いっぱいで、建て替えのため閉場した、歌舞伎座。ここ数ヶ月は、立ち止まって写真を撮る人が多く見られました。
先月いっぱいで、建て替えのため閉場した、歌舞伎座。ここ数ヶ月は、立ち止まって写真を撮る人が多く見られました。
これ、何だかわかりますか? 花道の横についていてレリーフ。こういうものも新しく生まれ変わるのですね。
これ、何だかわかりますか? 花道の横についていたレリーフ。こういうものも新しく生まれ変わるのですね。
これは座席のカバーです。この色、この紋こそ、歌舞伎座、という感じですね。
これは座席のカバーです。この色、この紋こそ、歌舞伎座、という感じですね。

 

 

 

 

 

 

この歌舞伎座には、いまから30年以上も前の学生時代に通い、

ちょっとブランクがあって、最近また足を運んでいました。

あのころは舞台の俳優を一生懸命見つめていたけれど、

いまは、舞台全体や劇場全体の雰囲気の中にいることだけでも

すごく楽しくて、ワクワクして、

初めての体験でなくても、また新たなドキドキに会えるのが、

「ゆうゆう世代」ということなのだなあとしみじみしていたところですが。

こちらの変身も、若葉に出会うように、ドキドキわくわくしながら、

2013年の新しい出会いを楽しみにしたいと思います。

もちろん「ゆうゆう」本誌も

ドキドキ、ワクワクの若葉の心を忘れずに作っていかなくては・・・。

 

そして、いくつになっても、ステキに生きている人は、

いつも何かにドキドキ、ワクワク「ときめいている」人ですね。

ゆうゆう6月号

特集は心と脳を進化させる

ときめき心の育て方

田辺聖子さん、初登場の椎名誠さん、横森美奈子さん、

越智恵子さん、「ひとり芝居」の五十田安希さんが登場します。

 

また、病を得て、人生をまた新たに、毎日を大事に生き始めた方たちの

「病を得てこそ、ほんとうに生きられる」

には、押阪忍さん・栗原アヤ子さん夫妻、泉アキさん、荒井泰子さん、

連載でおなじみの細谷亮太先生もお話をしてくださっています。

 

特別インタビューは仲代達矢さん

とにかく写真がステキです。圧倒的な存在感。お話もとても味わい深く、

写真とともにじっくりと味わっていただければと思います。

 

ときめいた心を忘れたわけじゃあないけれど・・・

読者100人の妻たちから、夫へのホンネの手紙

読者のみなさまから寄せられた、

20年、30年・・ともに人生を送ってきたからこそ、のホンネの言葉の数々には、

それぞれの方の人生がつまっています。

 

そして、今月も、しっかり「年金生活」へ向けてのお役立ち企画。

大好評の読者実例集「食費の節約と食の工夫」

「年金で暮らせる 高齢者用住まい&施設」。

 

着やせの法則、白髪染めのコツ、白内障&緑内障

毎日のきれいと元気のための企画もそろっています。

 

そして、4月号で大好評をいただいた

ゆうゆう通販「着こなしが華やぐ春のはおりもの」

こちらもお見逃しなく!

 

ぜひぜひ、お読みいただければ幸いです。

ご意見、ご感想もお待ちしています。