猛暑の中でも、自然は明日に向かっています

真っ赤なつやつやの実は、そうです。さくらんぼです。

撮影者は私、編集長の古戸です。

いつもゆうゆうを応援いただき、またホームページにお越しいただき、

ありがとうございます。

みなさまいかが、お過ごしでしょうか。 

先週末、6時間以上もバスにゆられてたどり着いた(弾丸バスツアーでした)、

山形のさくらんぼ園で、初めて実際に実がなっているところを見ました。

そこかしこに広がる新緑とさわやかな空気の中で、味わう

さくらんぼや、地場の食材のおいしかったこと!

来週伺う宮城県もそうですが、東北地方は、ほんとうに

その土地でとれたものを大事に食べてきたところだと思います。

食べることで、少しでも応援をしていきたいなと思っています。

さて、写真が変わりまして、こちらはなんでしょう?

これはどなたもご存じですね、びわです。

これは、会社の近くのJRの線路脇の神田川の土手に

たわわに実っているところを発見しました。

(実は、電車の写真を撮っていたら、ゆうゆう世代の方が、

びわがなってるわね!と教えてくださったのですが。

歩いていても、見えていないところばかりです、相変わらず)

昨日あたりからの猛暑の中、ものともせずに、元気に実をつけていました。

梅雨のさなか、6月期の40度近い猛暑は、観測史上に例を見ないことのようで、

真夏の「猛暑と節電」をどうやりくりするかと、頭を悩ませている私たちにとっても、

「想定外」のこと。このままどんどん暑くなったらどうなるのだろう・・・

などと、不安を感じてしまったりするのですが・・・

でも、覚えていらっしゃいますか。

ゆうゆう7月号で、瀬戸内寂聴さんが「私の人生、こんなはずじゃなかった」と思っていますか?という企画の中で言われた言葉を改めて思い出しました。

「人生は想定外の連続。思いどおりなんていきません。

でも、哀しみや辛さでさえも、決して続かない。

この世のことはすべて『無常』。変わっていくものなんです」

 そうは思っても、頭では納得していても、そのたびに揺らがずにはいられないのが、

人間なのだとは思います。でも、「想定外」のことが身に起こったときに、

助けになるのは、それまでの人生経験とそこで身についた知恵だと思います。

そして、いま、それを大きな財産として、持っていらっしゃるのが、

ゆうゆうの読者のみなさまだと思っています。

猛暑も、知恵でなんとか切り抜けましょう。

「ゆうゆう」も何かお手伝いできればと思います。

ゆうゆう8月号が発売になります。

きりっとしたシャツ姿が新鮮な、江波杏子さんが表紙です。

ぜひ、お手にとってご覧ください。

そして、来週の7月5日には、宮城県仙台市・紀伊國屋書店仙台店に

伺います。午後1時から4時まで開催しておりますので、

お立ち寄りいただければ幸いです。