桜も少しずつ、準備を進めています

 

昨日に続いて、編集長の古戸です。

会社の近くの桜はまだでした・・とお知らせしたのですが、

これは(見えづらくて申し訳ないのですが)、

たぶん・・・桜の中でも早咲きの河津桜のつぼみです。

けさ、ふと見上げると、しっかりつぼみの先から、少し花びらがのぞいていました。

自宅は、会社のある東京・神田駿河台よりは、だいぶ南の、

ディズニーランドよりまだ南の東京湾沿いなので、気温が2度くらい高いことも多いのですが。

毎年のことなのに、いつも急いでばかりで、気がつくと満開になっている、ということが多い駅前の桜。

ことしは寒さの中で、しっかりと春の準備をしている姿を見守ってみようと思います。

 

さて、昨日、編集部に、こんなお電話をいただきました。

「ゆうゆうのアンケートって、FAXで送れるんですね!」

もちろんです! 

この巻末のプレゼント応募用のアンケート、郵送でないと送れないと

思っていらっしゃる方が、いらっしゃったのですね。説明不足で申し訳ありません。

実は、この3月号から、アンケートを少し読みやすくデザイン変更してみました。

それで初めて、そのことに気づいた方がお電話をくださったという訳なのです。

できるだけ、おひとりおひとりの読者の方が、

ゆうゆうをどう読んでくださっているか、日ごろどんなことをお考えか、お聞きしたいので、

読者の方に直接お目にかかるたびに、「アンケートを書いて送ってくださいね」と

お願いしているのですが、いままでよりは書くスペースも広めにとりましたので、

ぜひぜひ、お送りくださるとうれしいです。もちろんFAX03-5280-7403でも届きます。

よろしくお願いします。

 今週土曜日、2月5日(土)には、静岡県浜松市の浜松駅ビル8階にある、谷島屋書店・浜松本店に伺います。

時間は午後1時~4時。ゆうゆう本誌と「年金生活最強応援シリーズ」を始め、ゆうゆう発の

ムックが勢ぞろいいたします。ぜひ手にとってご覧いただければと思います。

気に入っていただけるとうれしいのですが・・・。

ご来場の方には、ささやかなプレゼントを、また本をご購入いただいた方には、

豪華!スペシャルプレゼントをご用意しております。

「ゆうゆう」についてのご意見、ご感想や、日ごろ、考えていらっしゃることなども

ぜひお聞きしたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

私・古戸と、編集部、「年金生活応援シリーズ」担当、望月がお待ちしております。