「やることを止めない」。1月号編集後記

2020年、コロナ禍にあって数多くの舞台、映画、コンサートが延期や中止となる中、

いち早くスタートをきったのが、「100歳まで生きる「心の強さ」」でお話しを伺っ

たさだまさしさんだ。「音楽を止めてはならない」の思いから、感染症に詳しい専門

家から知見を深め、コンサートの規模感を考え、会場でのできうる限りの対策を施し

「正しく怖がり」ながら、9月から開催している。

「やればできることがある。やらなければいつまでもできない」、さださんの基底に

はそんな考え方が染みついているのだろう。「やらないで後悔するより、やって後悔

する方がいい」とは違う、やるからには入念に、徹底して「後悔しない実現」に向か

って実行する、そんな人だと思った。

実はこの号をもって定年となる私。編集記者歴37年のオーラス取材が、さださんとな

った。「個体差はあるだろうけれど、年寄りになったらすぐに死ぬ……、というのは

幻想。70代になっても、知恵と力はまだまだ使える。興味のあることを絶やさずやっ

ていかなきゃ。もったいないよ!」の言葉が心に響く。(編集・浅野)

追記

「第71回NHK紅白歌合戦」に、さだまさしさんが、【今こそ歌おう みんなでエール

特別企画】枠にて出演される、とのこと。ゆうゆうの記事と合わせて、ぜひご覧く

ださい!