目黒川クルーズ

桜が好きなあまり、毎年開花宣言を聞くとソワソワ。

今年の東京はこのところ暖かい日が続いたせいか、

開花→満開→葉桜があっと言う間に進みそう。

慌てて、週末に目黒川から桜を眺めるという

ツアーに参加してきました。

出発は、天王洲にある船着き場。

屋根も壁もない、椅子がずらっと並んだ船に乗り込みます。

後ろの青いコートを着ている女性が船長の「ももちゃん」さん。

船は運河を出発し、橋をくぐって右折。するとそこはもう、目黒川なんですね。

ガイドのオジサマが同乗し、色々と説明をしてくれます。

実は目黒川の水は、廃水処理施設からの水なんだとか

(これは、知りたくなかったなあ)。

と思っていたら、あら!きれいなソメイヨシノが!

ガイドのオジサマに教えて頂いたのですが、

水面に浮かんだ桜の花びらのことを、

花筏(はないかだ)と呼ぶそう。

そう言えば、そんな名前のお菓子を

頂いたことがあったかも。

下の画像が「花筏」です。

船が五反田方面に進むにつれ、

寒山、大島桜、ムラサキ桜、枝垂れ桜と

さまざまな桜がお出迎え。

目黒雅叙園のあたりで船は折り返し、天王洲へと戻ります。

昨日はとても冷え込んでいたので、座席が並んだだけの船は

とっても寒かったのですが、

それにもめげず60分のコースを満喫しました!(鵜澤)