「おいでませ」の山口へ

「ゆうゆう」11月号で僧侶の小池龍之介さんを取材するため、山口県に行ってきました。JR新山口の駅前に佇むお坊様は・・・小池龍之介さんではなく、かの俳人「種田山頭火」。「分け入っても分け入っても青い山」が有名ですね。あと「まつすぐな道でさびしい」なんて句もあります。山口県は、山頭火が生まれ育った地でもあります。

そして、ここから歩いて15分ほどのところにあるのが、山頭火の暮らしていた「其中庵(ごちゅうあん)」。当時の建物がそのまま復元され、質素な暮らしぶりを伺うことができます。(注・室内で物思いにふけっているのは、カメラマンの橋本哲さん)

小池龍之介さんは、とても素敵な方でした。11月号をお楽しみに!(編集部・坂上京子)