植物の力~桐島洋子さん 森羅塾・前篇~

風薫る季節となりました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか

昨日の満月では、我が家のバラや鬼百合が一斉に咲きだし、ひと夜で咲ききってしまいました。

植物の感性ってすごいですね!

さて、先日、作家・桐島洋子さんが主宰しておられる「森羅塾(しんらじゅく)」に

はじめて参加させていただきました。森羅塾は、桐島洋子さんが2008年1月から「大人の寺子屋」としてスタートさせ、桐島さんのご自宅(都内やカナダ・バンクーバー)を中心に様々な文化的活動を行っています。

詳しくはwww.yoko-kirishima.net

今回の講座は、「体質の壁を知る」~植物の力・オイルトリートメント~です。

桐島先生おすすめのフィトテラピー(植物療法)ブランド ルボア(フランス語で小さな森の意)のマッサージオイルを使用しながら

体にたまってしまったコリをほぐす方法などを学びます。

このオイル、ただのオイルじゃありません! 中国の陰陽五行説に基づき5種類のオイル(土・水・火・金・木)を

自分の体質や、そのときどきの体調などに合わせて選んでいきます。

今回は、10名ほどの参加者がいたのですが、目を閉じて、一番五感に訴えてくるものを選んだところ、みなさんそれぞれ。

私は、癒し系の「土」と、むくみ防止の「水」をセレクトしました。

手のひらであたためてから、足の裏や、ひじなどに塗りこんでいきます。

このルボアの創設者、森田敦子さん(中央のピンクのスーツの方です)は

フィトテラピーのメッカ、フランスの国立大学で植物薬理学を学んだあと、日本人にあった「羅漢和」ブランドをたちあげ、ヨーロッパ(羅)、中国(漢)、日本(和)の植物に対する知識や伝統を融合させ、商品を作っています。商品からは、森田さんの植物に対する「敬意」が伝わってきて

香りもテクスチャーも、日本人の肌に合った仕上がりとなっています。詳しくはこちらhttp://lebois-shop.jp/

ルボア製品のおためしが終わったあと、いよいよ桐島さんの登場です!(次回に続く・・・)

(ゆうゆう編集部 井頭 博子がお届けしました)