極寒の阿寒湖へ!

一雨ごとに春らしくなってきましたが、先日、北海道・釧路&阿寒湖のツアーに参加してきました。お目当ては、阿寒湖の「氷上フェスティバル」と鶴居村のタンチョウ、そして釧路動物園です。まずは、阿寒湖の模様から。マリモが有名な阿寒湖ですが、この時期は完全に凍結し、見渡す限り氷の世界になります。                          

 ワカサギは、初心者でも、思ったより簡単に釣ることができます。餌をつけた針を氷にあけた穴からたらすと・・・・、クイクイと食いつく感触があり、引き上げるとご覧のような釣果が!つったワカサギは近くの食堂で天ぷらにしてくれます。本当はこんなに釣ってないのですが、お店の人がオマケしてくれたようで、山盛りに。ワカサギ釣りの他、氷上バギーやバナナボートなど、昼間の阿寒湖は各種アクティビティで楽しむことができます。特に、バナナボートは“顔が切れる”くらいに寒いので、寒さ対策は万全にしてくことをおすすめします。                                                                                                              そして、   夜になると特設ステージでは雪で作られたふくろうの彫像 がライトアップされ、 空には花火が! この時の体感温度はマイナス7℃。くれぐれも寒さ対策は万全に!(編集部・坂上) 次回タンチョウの巻に続く・・・