介護と桃の節句

birthday.gif本日、三月三日は「桃の節句」。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

先日、「ゆうゆう」5月号(4月1日発売)の取材で

介護保険などが専門のおちとよこ先生をたずねました

先生の近著「シングル介護~ひとりでがんばらない!50のQ&A」(NHK出版)を参考に

高齢者むけ介護支援サービスなどの、

新情報やお得情報を、お届けする予定です。ご期待ください。

 

閑話休題cake.gif

せわしない毎日に、ほっとしたひとときをくれる

「お菓子」と「和歌」のコラボ

~今月のデザート短歌birthday.gif~その壱

チーズ風味のやわらかいクッキーをハスあんでくるんで。お祝いごとの贈り物として人気です
チーズ風味のやわらかいクッキーをハスあんでくるんで。お祝いごとの贈り物として人気です

「横浜中華街・萬珍樓(まんちんろう)の 桃酥(ももす)」

天(あま)の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」(安部仲麻・あべのなかまろ)

(大意/大空はるかにみれば、明るい月がかかっている。あぁ、あれは、昔、ふるさとの奈良の

春日山(かすがやま)にさし出た月であることよ)

 

桃の節句がくると、昔、ふるさとで飾った雛人形を思い出します。

仲麻(なかまろ)は、エリート遣唐使で、大志を抱いて、唐にわたり、すぐれた詩歌をたくさん詠みました。この歌は、百人一首にも入っており、望郷歌として長く愛されています。

仲麻(なかまろ)は、2度の暴風雨に阻まれ、ついに帰国はかなわず、唐で生涯をとじます。

むかし、中国では、旅人に魔よけと吉祥を祈って、桃を食べさせる風習がありました。

ふるさとを想い、日本へ帰国の途につこうとした、仲麻(なかまろ)も

桃まんじゅうを食べたかもしれません。。。

萬珍樓(まんちんろう)の 桃酥(ももす)

問い合わせ先 0120-400-439 3月22日までの期間限定。

1個280円。化粧箱入り(4個)1200円。日持ち常温で2週間ほど。期間内は取り寄せ可。

(ゆうゆう編集部 井頭博子がお届けしました)