熊川哲也さん主催のK バレエ「ロミオとジュリエット」❤

先日、ゆうゆう12月号「言葉」企画で取材させていただいた、

演出家・バレエダンサー熊川哲也さんが主催する「ロミオとジュリエット」を観てきました。

バレエ「ロミオをジュリエット」は、数々のカンパニーで人気演目となっていますが

ケネス・マクミラン版やジョン・ノイマイヤー版などの振り付けが有名です。

バレエは、同じ音楽でも、振り付けによって、がらっと印象が変わるのが楽しいところ。

(もちろん、ダンサーにもよりますが)

熊川版のロミジュリは、ひとことでいうと、「すごく甘美でやさしい、大きな感動をくれる」舞台です

日本人ダンサーの肌色にあうように計算された舞台装置や衣装、主役の二人以外の群舞にも

細かいパントマイムや振り付けがほどこされ、バレエになじみのないお客様にも理解しやすく

かつ、ストーリーの主題がダイレクトに伝わるように、二人の死というラストシーンにも

熊川流の演出がなされていました。

そして、男性ソリストたちのジャンプが高いこと! さすがジャンプの貴公子・熊川さんの愛弟子たちです♪

11月・12月には、「ドン・キホーテ」「くるみ割り人形」と、K-バレエの舞台が続きます。

みなさんも、ぜひお出かけしてみてくださいね! 

ゆうゆう12月号に、素敵な写真掲載の熊川さんのインタビューも、ファン必見です!(編集・井頭)

K-バレエ http://www.k-ballet.co.jp/performances/