ゆうゆう2月号アンケート

今月のテーマ

皆様からのお便りをお待ちしています!

今一番行きたい場所

「久しぶりに実家に帰りたい」「憧れのパリに旅行したい」「有名なケーキ屋さんでお茶をしたい」など、今一番行きたい場所を教えてください。

1.身近な家族の死の前後で大変だったのはどのようなことですか?

親や夫など、身近な家族の死を経験された方に伺います。大変だったのはどのようなことでしたか? 死亡後の諸手続き、きょうだいや親戚との遺産関連のトラブル、遺品の整理や家の片づけ、自宅での介護や看取りのことなど、亡くなる前後いずれのことでもかまいませんので、お教えください。また、この先、家族の死に直面することを想定し、不安のある方は、悩みごとをお寄せください。

2.50歳を過ぎてからの「学び」の体験をお聞かせください

大学の公開講座や、カルチャースクール、通信教育、市民大学など、いろいろなスタイルで、さまざまなテーマを学ぶことができるようになりました。そこで、50歳を過ぎてから、何らかの「学び」をした方の体験談を募集します。どこで何を学んだか、学ぼうと思ったきっかけ、学んでいる際に大変だったこと、楽しかったことなど、お書きください。写真や資料などがあれば、そちらもぜひ!

3.母の思い出や母が教えてくれたことをお聞かせください

幼いころ、母と過ごした時間は大人になっても記憶に刻まれています。母が作ってくれた故郷の味、手縫いの服、つないだ手のぬくもり……。言葉はもちろん、母の背中が教えてくれたことはたくさんあるのではないでしょうか。そんな、母が残してくれた心の財産を教えて下さい。思い出のエピソードや言葉の贈り物、今だから伝えたい母へのメッセージでも結構です。

4.友達づきあいで仲良くしたいのはどんな人ですか?

ゆうゆう世代になると、ボランティアや習い事、趣味のサークルなど、新しい友達ができる機会も増えますね。とはいえ、すべての友達関係が心地よいものとは限りません。では、あなたが仲良くしたい、と思うのはどんな人ですか? 逆に、距離を置きたい、と思うのはどんな人ですか? これまでの友達づきあいの経験から、できれば具体的に教えてください。

5.今、あなたがときめく人、夢中になっている人は誰ですか?

アルバムを買う、舞台や公演、試合を見に行くなど、今あなたが心ときめく人、応援している人はいますか。その人のことはいつ頃、何がきっかけで夢中になりましたか。また、コンサートには必ず行く、ファンクラブに入っているなど、具体的にどんなことをして応援をしていますか。これまでにかけた金額や、夢中になっていることについて家族がどう思っているかなどもぜひ教えて下さい。 

6.『ゆうゆう』誌上でファッションチェックを希望する方募集

人気のスタイリスト・石田純子さんに『ゆうゆう』誌上で自分のファッションについてアドバイスしてほしいという方を募集します。住所・氏名・年齢・電話番号・メールアドレス・身長・服のサイズ・靴のサイズを記入のうえ、いつものファッションがわかる全身写真を2枚以同封してください。ただし、応募写真は返却できません。あらかじめご了承ください。

※こちらのアンケートは雑誌 P151 の「申し込み方法」から郵送でご応募ください。

年齢

40代50代60代70代それ以外

『ゆうゆう』を読むのは

初めてときどきほぼ毎号定期購読

「ゆうゆう」は、印刷版に加えて電子版を発行しております。
回答いただいた内容は、雑誌ゆうゆう(電子版を含む)に掲載されることがあります。
電子版は印刷版同様、購入者のみが読める媒体であり、弊社の担当部門によって厳重な管理が
なされています。何卒ご理解・ご賛同のほど、よろしくお願い申し上げます。